エンジニアのための転職エージェント指南サイト

これを見れば間違いなし!

エンジニアのための転職エージェント指南サイト

転職エージェントの選び方は目的に合わせて

目的や志向に合わせた選び方

目的や志向に合わせた選び方

エージェントは皆同じではない

転職をしようと思い立ち、転職エージェントを利用するためにインターネットで少し検索すれば、すぐに何らかの転職エージェントを見つけることができるでしょう。しかし、エージェントにはいくつかの種類があるので、その選び方には気を使いたいものです。まずは、それぞれの種類のエージェントが持つ特徴について知るようにすると、どのような選び方をすれば良いかが見えてくるでしょう。

総合型エージェント

総合型転職エージェントは、業界、業種に関係なく、あらゆる分野の転職求人を取り扱っているタイプのエージェントです。それまでの仕事とは違う業界、業種の転職も視野に入れている人なら総合型転職エージェントを利用しましょう。総合型のいいところは、扱っている業界が幅広いということもあって求人数が豊富なところです。そのため、エージェントとしての経験や実績も豊富で、様々なニーズに応えることができる力を持っています。自分に合う仕事がどのようなものなのかがわからないという人なども総合型転職エージェントがおすすめです。

特化型エージェント

特化型エージェントは、ひとつの業界、業種の転職求人に特化しているタイプのエージェントです。扱われている分野は幅広く、IT、コンサル、金融、事務職など、その他様々な分野に特化したエージェントが軒を連ねています。特化型エージェントの強みはやはり専門性の高さです。利用者はその分野の転職を考えている人ばかりなので、それに対応できるだけの専門性を持ったスタッフが揃っています。業界についての最新事情にも詳しく、関連する企業とのつながりもしっかりしていることから、転職したい業種がはっきり決まっている人であれば、特化型エージェントの方が中身の濃い転職活動をすることができるでしょう。

エージェントの企業規模

総合型や特化型のエージェントは、それぞれ用途が違うので使い分けがはっきりしていますが、エージェントの企業規模という切り口から見ることもできます。社員数が300人を超えるような大規模型のエージェントは、知名度が高いので求人も人材も集まりやすいサイクルが既に構築されています。数多くの案件数を保有しており、サポート体制もしっかりシステム化されているので効率的に転職活動ができます。中小規模型のエージェントの場合、規模の面では大規模型にはかないませんが、その分サービス内容で差別化できるよう工夫を凝らしているところが少なくありません。扱っている案件数は大規模型よりも少ないかもしれませんが、中小規模の特化型エージェントなどの場合、業界に関する情報量が豊富でサポート力も強いことが魅力になっています。

こちらの記事もおすすめです

  • 企業と求職者のマッチングサービス

    転職エージェントは、人材を募集している企業と求職者のマッチングを行う民間企業です。同じくマッチングを行っているハローワークとの違いは、やはりそのサービス内容です。人材を採用した企業が支払う手数料収入で利益を生み出す仕組みですが、転職エージェントが企業として成長するためには、企業も求職者も満足できるサービスを提供しなければならないので、無料でサービスを受けられる求職者も顧客として質の高いサービスを受けることができます。

  • 業界特化型×複数利用という使い方

    エージェントを賢く利用する方法として、業界特化型エージェントの複数利用がおすすめです。業界特化型エージェントのアドバイザーは、それぞれの道のスペシャリストと言われる人々が担当しているものです。しかし、スペシャリストだからといって必ずしもコンサルティング能力が高いとは限らないので、複数のエージェントに登録、相談し、よく比較してから自分が良いと思ったエージェントに絞ることで、転職活動に本腰を入れることができるでしょう。

  • おすすめエージェント3選

    ITエンジニアの転職サポートを受けるなら、開発言語やエンジニアという職種についての専門知識、また、業界のトレンドを含む最新情報や求人動向などにもよく精通した専門エージェントの利用がおすすめですが、エンジニア専門エージェントはいろいろなところがあるので、どこにしようか決めがたく感じている人も少なくありません。そこで、おすすめのエージェント3選を一挙ご紹介するので、エージェント探しの参考にしてみてください。

転職しよう!

エンジニア向けに転職エージェント選びのポイントを解説!働き方に合わせて効率良く仕事を探してください。<お問い合わせ先>