エンジニアのための転職エージェント指南サイト

これを見れば間違いなし!

エンジニアのための転職エージェント指南サイト

転職エージェントの利用フローはどのようなもの?

登録から内定までのフロー

登録から内定までのフロー

活動開始から内定をもらうまで

転職エージェントと名乗る企業はいろいろあるので、利用にあたっての選び方はよく考える必要がありますが、内定獲得までのフローとしてはどこもそれほど違いがありません。では、具体的にはどのようなものなのかについて詳しくご紹介していきます。

登録から相談まで

利用する転職エージェントを決めたら、まずは会員登録を行う必要があります。ここでよく確認しておきたいのが、転職を扱うエージェントであるかどうかです。その他のジャンルのエージェントもあるので間違えないようにしましょう。登録は簡単な情報入力ですぐに完了します。大抵の場合、それほど待つことなくエージェントの方から連絡が入ります。そこで簡単な確認がありますが、本格的な相談は実際に会って行われることがほとんどです。キャリアカウンセリングなどと呼ばれる面談においては、転職についての様々なヒアリングが行われます。転職するかどうかということ自体を迷っている人でももちろん相談可能です。面談は、求職者がより良い転職先を見つけるための重要な時間で、キャリアの棚卸し、転職先として考えられる方向性、具体的な書類の書き方など、転職を知り尽くしたプロのアドバイスを受けながら将来についてじっくりと考えることができます。

求人情報の提供から面接準備まで

具体的なヒアリングが終わると、担当者はすぐさまその人に合った求人を探し始めます。できる限り本人の希望に沿ったような求人はもちろん、本人が気づいていないような適性を見出した担当者の判断で、思いがけない職種や企業を紹介されることもあります。紹介される件数は人によりますが、多い人は数十社もの求人から選ぶことができる場合もあります。目当ての企業が決まったら、今度は面接と書類の準備に入ります。もちろんこれもエージェントがしっかりとサポートしてくれるので、応募する企業の趣向に合うような面接対応、職務経歴書や履歴書を用意することができます。応募に際しては、エージェントからの推薦文も添付されるので、第三者から見たその人の魅力を企業側に伝えることができます。

面接から内定まで

転職エージェントは、ただ仕事を紹介して面接対策を行ってあとはそのまま流れに任せておくのではなく、その後のことに関しても積極的に介入してくれます。給与などの条件交渉や入社日の調整、前職の退職サポートまで行ってくれるので、個人で全て転職活動を行うのに比べるとかなりの時間と労力を節約することができるでしょう。退職する職場への対応と新しい職場への対応では何かとエネルギーを使いますが、転職エージェントを活用すればそれらを楽に行えるのが魅力です。

こちらの記事もおすすめです

  • 企業と求職者のマッチングサービス

    転職エージェントは、人材を募集している企業と求職者のマッチングを行う民間企業です。同じくマッチングを行っているハローワークとの違いは、やはりそのサービス内容です。人材を採用した企業が支払う手数料収入で利益を生み出す仕組みですが、転職エージェントが企業として成長するためには、企業も求職者も満足できるサービスを提供しなければならないので、無料でサービスを受けられる求職者も顧客として質の高いサービスを受けることができます。

  • 業界特化型×複数利用という使い方

    エージェントを賢く利用する方法として、業界特化型エージェントの複数利用がおすすめです。業界特化型エージェントのアドバイザーは、それぞれの道のスペシャリストと言われる人々が担当しているものです。しかし、スペシャリストだからといって必ずしもコンサルティング能力が高いとは限らないので、複数のエージェントに登録、相談し、よく比較してから自分が良いと思ったエージェントに絞ることで、転職活動に本腰を入れることができるでしょう。

  • おすすめエージェント3選

    ITエンジニアの転職サポートを受けるなら、開発言語やエンジニアという職種についての専門知識、また、業界のトレンドを含む最新情報や求人動向などにもよく精通した専門エージェントの利用がおすすめですが、エンジニア専門エージェントはいろいろなところがあるので、どこにしようか決めがたく感じている人も少なくありません。そこで、おすすめのエージェント3選を一挙ご紹介するので、エージェント探しの参考にしてみてください。

転職しよう!

エンジニア向けに転職エージェント選びのポイントを解説!働き方に合わせて効率良く仕事を探してください。<お問い合わせ先>