エンジニアのための転職エージェント指南サイト

これを見れば間違いなし!

エンジニアのための転職エージェント指南サイト

転職エージェントのマッチングサービスとはどのようなもの?

企業と求職者のマッチングサービス

企業と求職者のマッチングサービス

転職をする多くの人が利用しているもの

インターネットで転職について調べていると、転職エージェントについての情報がすぐに見つかるかもしれません。しかし、転職エージェントを運営している企業もいろいろなので、選び方はよく考えたいところです。では、そのことについて考える前に、転職エージェントとはどのようなものなのかについてまずはご紹介します。

転職エージェントとは

仕事を探す際に利用する機関というと、ハローワークがすぐに思い浮かぶかもしれません。ハローワークは、求職者と人材を募集している企業をマッチングさせることが仕事の公共機関で、転職エージェントは、ハローワークの業務をそのまま民間企業で行っているようなものと考えるようにすると、どのようなものかをイメージしやすいかもしれません。転職エージェントは民間企業なので、当然そこに利益が発生しなければ事業は成り立ちません。基本的な仕組みとしては、求職者は無料でサービスを利用し、人材を獲得できた企業が料金を支払うという形です。仲介役となるのはエージェントに所属するアドバイザーやコンサルタントと呼ばれる担当者です。担当者は、求職者の要望や持っているスキル、経験などを知るために面談などで丁寧なヒアリングを行います。また、企業側がどのような人材を求めているかについてもよく把握しているので、双方の希望ができる限りマッチする組み合わせを見つけるために全力を尽くします。
転職エージェントは、雇用が成立しなければ商売にならないので、質の高いサービスを提供すべく努力しています。そのため、必然的にハローワークよりもサポートは細やかなものになります。

エージェントにとっての顧客

サービスに対する料金を支払ってくれる側が、企業にとっての顧客と考えるのが一般的です。しかし、転職エージェントにとっての顧客とは、料金を支払う企業だけでなく、無料でサービスを利用する求職者も同様です。料金を支払っている企業にとって都合の良いサービスを展開しているのではないかと考えてしまうかもしれませんが、真剣に仕事を探している求職者に対して質の低いサービスを提供してしまえば、人材を募集している企業にも不利益となってしまいます。例えば、求職者の希望を知りながら、企業の意向を優先して無理なマッチングを行ってしまえば、転職をしてもすぐに辞めてしまう可能性があります。そうなれば、転職エージェントとしての実績にも傷が付いてしまい、企業と求職者両方からの信頼を損ねてしまうので、次はもう利用してもらえなくなってしまいます。つまり、どちらかに偏ったサービスをしていると、必ずどこかで弊害が出てしまうということなのです。

こちらの記事もおすすめです

  • 企業と求職者のマッチングサービス

    転職エージェントは、人材を募集している企業と求職者のマッチングを行う民間企業です。同じくマッチングを行っているハローワークとの違いは、やはりそのサービス内容です。人材を採用した企業が支払う手数料収入で利益を生み出す仕組みですが、転職エージェントが企業として成長するためには、企業も求職者も満足できるサービスを提供しなければならないので、無料でサービスを受けられる求職者も顧客として質の高いサービスを受けることができます。

  • 業界特化型×複数利用という使い方

    エージェントを賢く利用する方法として、業界特化型エージェントの複数利用がおすすめです。業界特化型エージェントのアドバイザーは、それぞれの道のスペシャリストと言われる人々が担当しているものです。しかし、スペシャリストだからといって必ずしもコンサルティング能力が高いとは限らないので、複数のエージェントに登録、相談し、よく比較してから自分が良いと思ったエージェントに絞ることで、転職活動に本腰を入れることができるでしょう。

  • おすすめエージェント3選

    ITエンジニアの転職サポートを受けるなら、開発言語やエンジニアという職種についての専門知識、また、業界のトレンドを含む最新情報や求人動向などにもよく精通した専門エージェントの利用がおすすめですが、エンジニア専門エージェントはいろいろなところがあるので、どこにしようか決めがたく感じている人も少なくありません。そこで、おすすめのエージェント3選を一挙ご紹介するので、エージェント探しの参考にしてみてください。

転職しよう!

エンジニア向けに転職エージェント選びのポイントを解説!働き方に合わせて効率良く仕事を探してください。<お問い合わせ先>