エンジニアのための転職エージェント指南サイト

これを見れば間違いなし!

エンジニアのための転職エージェント指南サイト

エンジニア専門エージェントの選び方と使い方

業界特化型×複数利用という使い方

業界特化型×複数利用という使い方

エージェントの効果的な使い方

エージェントの持つ良さを最大限に活用する方法のひとつに、業界特化型のエージェントの複数利用があります。では、どのようなエージェントの選び方をすれば良いか、IT業界を例にして考えてみることにしましょう。IT分野に特化したエージェントは数多くあるので、よく吟味して選ぶようにすることが大切です。

業界特化型だからこその強みは魅力

業界特化型のエージェントは、その分野のスペシャリストがサポートスタッフとして活動しています。エンジニア専門のエージェントであれば元エンジニアなど、実際に現場で働いた経験があるアドバイザーの話は現実的で説得力があります。ITの分野は専門性、特殊性が高いので、経験のないアドバイザーだと相談にもならないという可能性があります。エンジニアの求人は総合型エージェントの方でも見つけることができますが、IT系の職種はその中でもさらにジャンルが細かいので、深い話になればなるほど専門性が必要になります。その点、エンジニア専門に扱っているエージェントを利用すれば、専門知識と業界の事情にも詳しいアドバイザーが対応してくれるので、専門知識が入ってくるような内容でも安心して相談をすることができるでしょう。

エージェントの複数利用でさらに層を厚くする

専門性の高いエージェントに絞ったとしても、エージェントの数はとても多いので、そこからさらに自分に合ったところを選択していく必要があります。しかし、どの転職エージェントが良いかは、利用してみなければわからないという面があることも事実です。どのようなエージェントを利用するかということは重要ですが、どのようなアドバイザーにサポートしてもらうかはさらに重要です。
そこで、ぜひおすすめしたいのが、エージェントの複数利用です。エージェントを利用するためには会員登録が必要ですが、どこも無料で簡単に登録することができますし、複数登録をしていることをそれぞれのエージェントに伝えても全く問題ありません。むしろ、エージェント同士で連携を取れるわけではないので、複数利用する場合には、利用者本人が積極的に他社の進捗状況などの情報をエージェントに伝え、事情をうまく調整する必要があるでしょう。少々手間がかかるようにも思えますが、複数利用することでそれぞれのアドバイザーやサービスの質を比較することができます。それぞれのエージェントに相談し、どのような出方をするかよく見極めてから1社とのお付き合いに絞っていってもいいですし、複数同時進行でももちろんいいでしょう。あまり多すぎても管理しきれないので、多くても3社ぐらいにしておくといいかもしれません。

こちらの記事もおすすめです

  • 企業と求職者のマッチングサービス

    転職エージェントは、人材を募集している企業と求職者のマッチングを行う民間企業です。同じくマッチングを行っているハローワークとの違いは、やはりそのサービス内容です。人材を採用した企業が支払う手数料収入で利益を生み出す仕組みですが、転職エージェントが企業として成長するためには、企業も求職者も満足できるサービスを提供しなければならないので、無料でサービスを受けられる求職者も顧客として質の高いサービスを受けることができます。

  • 業界特化型×複数利用という使い方

    エージェントを賢く利用する方法として、業界特化型エージェントの複数利用がおすすめです。業界特化型エージェントのアドバイザーは、それぞれの道のスペシャリストと言われる人々が担当しているものです。しかし、スペシャリストだからといって必ずしもコンサルティング能力が高いとは限らないので、複数のエージェントに登録、相談し、よく比較してから自分が良いと思ったエージェントに絞ることで、転職活動に本腰を入れることができるでしょう。

  • おすすめエージェント3選

    ITエンジニアの転職サポートを受けるなら、開発言語やエンジニアという職種についての専門知識、また、業界のトレンドを含む最新情報や求人動向などにもよく精通した専門エージェントの利用がおすすめですが、エンジニア専門エージェントはいろいろなところがあるので、どこにしようか決めがたく感じている人も少なくありません。そこで、おすすめのエージェント3選を一挙ご紹介するので、エージェント探しの参考にしてみてください。

転職しよう!

エンジニア向けに転職エージェント選びのポイントを解説!働き方に合わせて効率良く仕事を探してください。<お問い合わせ先>